気温10度の服装とは?おすすめアイテムやシーン別コーデも紹介

気温10度の服装とは?おすすめアイテムやシーン別コーデも紹介

気温10度の日は、気温にあったコーデ選びに迷いがちです。気温10度が最高気温か、最低気温かで適した服装は異なります。

そこで本記事では、気温10度の日に最適なアイテムの選び方を紹介します。最低気温・最高気温別のおすすめアイテムや、シーン別・男女別に合わせたおすすめの10度服装コーデも解説!

防寒対策が必要になる冬から春に向けて、ぜひ参考にしてみてください。

気温10度の服装ポイント2つ

気温10度の服装を決めるポイントは2つあります。

1つは服装を選ぶ時期、もう1つは体感温度の調整がしやすいかどうかです。それらを理解することで、気温10度の日でも服選びで悩みにくくなりますよ。

10度の時期は11月〜4月

「気温10度」の捉え方は時期によって変わるので、各時期の気温に適した服選びをしましょう。

気温10度の時期は、東京でいえば11月から4月あたりです。例年、11月頃に最低気温が10度前後になり、12月から3月にかけて最高気温が10度前後になります。

夜の気温が2度くらいまで下がる12月から3月までのあいだは、とくに厳しい寒さを感じるはずです。その後、4月になると最低気温が10度前後に戻っていきます。

調整可能な着脱できる服装が鍵

気温差が気になる日は、着脱しやすいカーディガンやニット、アウターを選びましょう。秋冬の気候となる気温10度の日は、防寒対策のアウターが必須です。

とはいえ、むやみにアウターを重ねればいいわけではありません。最低気温10度だと、昼夜で気温差が激しくなり、日中は暑く感じることもあるからです。

気温が上昇する日中にも対応できる装いをすることで体感温度を調整しやすくなり、一日中快適に過ごせます。

最高気温10度の服装とおすすめアイテム

最高気温10度の時期は、厚手のアイテムやしっかり防寒できるアイテムを選びましょう。

最低気温が0度近くなることも多く、外出するのも億劫になるほど寒くなるからです。厳しい寒さから身を守れる、防寒アイテムを紹介します。

ダウンコート

保温性が高いダウンコートは、寒さが厳しい冬に活躍するアウターです。流行りのビッグシルエットを選べば、抜け感がプラスされて今っぽく着ることができます。

軽くて動きやすいショート丈と、下半身も冷えから守れるロング丈があり、屋外で過ごすときにもおすすめです。動きやすさやボトムスのボリューム感などを考慮して、丈をセレクトしましょう。

マフラー

冷たい風を防ぐには、背中部分と首元をしっかりと覆えるマフラーが欠かせません。

寒さを感じやすい背中と、気温の影響を受けやすく冷えを感じやすい首元を寒さから守ることで、冷え対策を効率的に行なえるからです。また、背中や首元の保温だけではなく、顔まわりもあたたかくできます。

ハイネックニット

首元を隠して防寒できるハイネックニットは、風が冷たく感じるときに使いたい優秀なアイテムです。

衿部分はマフラー代わりにもなるので、わざわざマフラーを持ち運ぶ必要がなくなります。手荷物を減らしたいときにも便利です。シルエットはタイトなものから、ゆるいものまでたくさんあるので、アウターに合わせて選びましょう。

最高気温10度の服装

最高気温10度の服装

日中でも寒さを感じる最高気温10度の日は、首元から足元までしっかり覆える服装がマストです。

ボリューム感のあるフードデザインが特徴のダウンコートを選べば、首元から寒気が侵入しづらくなります。

風が冷たい屋外でもあたたかく過ごしたいときは、足元までしっかり身体を覆えるロングコートを羽織りましょう。

最低気温10度の服装とおすすめアイテム

最低気温10度の時期は、薄手のアイテムや着脱しやすいアウターを選ぶのがポイントです。

最高気温が18〜25度になる日もあり、日中は暑く感じることがあるからです。寒暖差が激しいときにも対応できるアイテムを紹介します。

トレンチコート

最低気温10度のときは、定番のトレンチコートを薄手のニットに羽織るスタイルがおすすめです。着脱可能な装いなので、日中に気温が16度~20度まで上がっても、快適に過ごしやすくなります。

トレンチコートはインナー次第で平均気温10度~20度まで快適に着こなせるため、1枚あると便利なアイテムです。

ジャケット

厚手のニットに軽く羽織れるジャケットは、厚手のコートがいらない寒さのときに活躍するアイテムです。ジャケットには、さまざまな種類があります。

例えば、定番のライダースやデニムジャケットは風を通しにくく、防寒しながらスッキリとしたシルエットが完成します。ハンサムライクなテーラードジャケットなどもおすすめです。

ブーツ

冷える時間帯に備えて、アウターだけではなくブーツも活用してください。数多くの種類があるブーツは、それぞれ時期によって履くタイミングが異なります。

例えば、肌寒く感じる日が多くなる11月頃は、足首までの短い丈が特徴のショートブーツがおすすめです。寒さが厳しい12月から2月頃は、ふくらはぎをしっかりと覆えるロングブーツで防寒しましょう。

最低気温10度の服装

最低気温10度の服装

最低気温10度の日は寒暖差にも耐えられるように、トレンチコートや薄手のニットで体感温度を調節するのがポイントです。トレンチコートで今っぽさを取り入れたいなら、オーバーサイズのゆったりとしたシルエットを選びましょう。

シャリ感のある素材なら、きれいめコーデからカジュアルコーデまで幅広くマッチします。ウエストにメリハリを付けられるベルト付きのコートは、丈の長いボトムスとも相性がよく、おしゃれに決まります。

【シーン別】10度服装のおすすめコーデ

シーン別におすすめの10度服装を紹介します。

  1. 旅行:ダウンジャケットスタイル
  2. 登山・キャンプ:ボアジャケットスタイル
  3. オフィス:トレンチコートスタイル
  4. デート:Vネックコートスタイル

レジャーに使えるコーデだけではなく、普段使いできるコーデも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

旅行:ダウンジャケットスタイル

旅行:ダウンジャケットスタイル

ほとんどの時間を屋外で過ごし、移動が多い旅行では、ダウンジャケットの着用がおすすめです。

寒い屋外でも長時間あたたかく過ごしたいのであれば、ダウンの含有量が多く保温性の高いものを選びましょう。

お尻が少し隠れるくらいのミドル丈やハーフ丈は、オンオフ問わず着回ししやすく、人気があります。ハンサムに仕上げたいときは、歩きやすいブーツやパンツスタイルでまとめるのがポイントです。

登山・キャンプ:ボアジャケットスタイル

登山・キャンプ:ボアジャケットスタイル

登山やキャンプなどのレジャーシーンでは、ボアジャケットが活躍します。襟元や裏地、表面などにボア素材が採用されているので、寒い屋外でもしっかりと防寒できるからです。

首元をあたたかく包み込むスタンドネック付きなら、さらに防寒性が高くなります。全面ボアのタイプは、ボリューム感と見た目にもあたたかいのが特徴です。デニムやチノパンなどのカジュアルなボトムスと合わせても違和感が少なくなります。

オフィス:トレンチコートスタイル

オフィス:トレンチコートスタイル

オフィスシーンでは、きちんと感を与えるトレンチコートが活躍します。ぴったりサイズのニットとフレアスカートを合わせれば、エレガントな着こなしが完成!

すっきりとした着こなしができる定番のミドル丈は、着るシーンを選びません。トレンド感を出したいなら、オーバーサイズや肩が落ちたデザインがおすすめです。

トレンチコート特有のかっちりとした雰囲気が出ず、ラフにかわいく着ることができます。

デート:Vネックコートスタイル

デート:Vネックコートスタイル

ワンピースの上に、女らしさをプラスできるVネックコートを羽織れば、デートシーンにぴったりのスタイルが仕上がります。

デートなので、ワンピースにはフリルをあしらわせて、かわいく見せるのがポイントです。

さりげなく肌見せできるVネックコートは、顔まわりをシャープに見せる効果も期待できます。ハイネックのワンピースと重ねても、首まわりがスッキリしますよ。

防寒対策に使いたい、ボリューム感のあるストールとも好相性です。

【レディース編】おすすめの10度服装

10度服装のおすすめレディースコーデを紹介します。

  1. デニムジャケット×デニムパンツ
  2. 2wayワンピースコート×デニム
  3. チェスターコート×ワイドパンツ
  4. タートルマキシワンピース

定番からトレンドまで押さえているので、ぜひ参考にしてください。

デニムジャケット×デニムパンツ

デニムジャケット×デニムパンツ

デニムオンデニムのスタイルは、トレンド感たっぷりのおしゃれな組み合わせです。

寒暖差の激しい日でも、着脱しやすいデニムジャケットが体感温度の調整に役立ちます。あえてゆるめサイズのジャケットを選び抜き襟をすれば、顔まわりにヌケ感が生まれ、こなれて見えます。

インナー次第で印象を変えることも可能です。ハイネックトップスに重ねれば、カジュアルかつモードな大人スタイルが完成します。

2wayコートワンピース×デニム

2wayコートワンピース×デニム

きれいめワンピースは、カジュアルなスタイルをすっきりとまとめてくれます。ゆるめのデニムにコートワンピースを合わせれば、おしゃれでシンプルなレイヤードスタイルに。

コートワンピースは一枚でワンピースとしてはもちろん、コートとしても使える万能アイテムです。

スタイリングに迷う日の強い味方になってくれますよ。ワンピースとして着るときは、ウエストマークで女性らしい、きれいなシルエットを演出できます。

チェスターコート×ワイドパンツ

チェスターコート×ワイドパンツ

きれいめカラーのワイドパンツスタイルには、まろやかな色味のチェスターコートを合わせてみましょう。

カジュアルスタイルが品よくまとまります。さらりと羽織れるチェスターコートは、合わせるアイテム次第で表情が変わるアイテムです。

フォーマルからカジュアルまでシーンを選びません。どんなインナーとも相性抜群で、TシャツだけではなくVネックニットやタートルネックニットなど、なりたいイメージに合わせて楽しめます。

タートルマキシワンピース

タートルマキシワンピース

マキシ丈で大人っぽく、きれいめに着られるニットワンピースです。足元まですっぽり覆えるマキシ丈でタートルネックになっているタイプなら、おしゃれしつつ全身の防寒対策もできます。

こなれ感たっぷりな仕上がりにしたいなら、ルーズなシルエットを選びましょう。ゆったりとしたリラクシーな雰囲気を演出できますよ。

小物やシューズなどの合わせるアイテム次第で、印象をがらりと変えられることも魅力です。

【メンズ編】おすすめの10度服装

定番からトレンドまで、10度服装のおすすめメンズコーデを紹介します。

  1. デニムジャケット×コーデュロイパンツ
  2. パフコート×プルオーバー
  3. ミリタリーコート×デニムパンツ
  4. セットアップジャケット

服装に迷う気温10度の日、ぜひ参考にしてください。

デニムジャケット×コーデュロイパンツ

デニムジャケット×コーデュロイパンツ

デニムジャケットのインナーとしてチェックシャツを合わせたコーディネートは、大人カジュアルの定番スタイルです。地厚な素材で、見た目にもあたたかいコーデュロイパンツを合わせましょう。

履くだけで季節感を出せるだけではなく、保温性にも優れているのであたたかく過ごせます。

カーキやベージュなど、アースカラーのコーデュロイパンツを組み合わせることで、少し大人っぽいデニムジャケットコーデが完成します。

パフコート×プルオーバー

パフコート×プルオーバー

寒い日でもアクティブかつ軽快なコーディネートを楽しみたいときは、パフコートとプルオーバーのコーデがおすすめです。ナイロン素材で仕上げたパフコートは、薄手で秋のメインアウターとして活躍します。

プルオーバーなどのインナーと合わせることで、真冬にも着用できる万能アイテムです。ただし、防寒対策のためにトップスを重ねてしまうと、着膨れして野暮ったくなりがちに。

くるぶしを見せることでヌケ感が出て、スマートに見せられますよ。

ミリタリーコート×デニムパンツ

ミリタリーコート×デニムパンツ

デニムパンツのラフなストリートスタイルには、タフで武骨なミリタリーコートがよく似合います。よりカジュアルさを出したいときは、オーバーサイズを選びましょう。

羽織るだけで全身がゆったりとしたシルエットになり、雰囲気のある着こなしができますよ。

今っぽさを取り入れたいときにも活躍するアイテムです。オーバーサイズならインナーに厚手のニットなどを着ることができ、寒い日でもおしゃれをしながら、あたたかく過ごせます。

セットアップジャケット

セットアップジャケット

全体が引き締まり、大人っぽい雰囲気を演出できるセットアップジャケットスタイルです。

洗練された印象を与えるセットアップは、私服通勤から休日スタイルまで、さまざまなシーンで活躍します。適度にゆとりのあるジャケットならかっちりしすぎず、デイリーユースしやすいでしょう。

ウール混などの素材で仕上げたセットアップは、秋冬でもあたたかく着用できます。秋にはシャツやカットソーを、冬にはニットをインナーとして着ることで、使い回しの効くアイテムです。

まとめ:10度服装はその日の気温に合わせたスタイルを

気温10度の時期は気温の変化が激しい、季節の変わり目でもあります。快適に過ごすには、その日の気温に合ったスタイルを選ぶのがポイントです。

ファッションのサブスクリプション「メチャカリ」では、10度服装におすすめのアイテムを豊富にご用意!注文から到着までの時間が早く、急な気温の変化にも対応しやすくなります。手持ちの服がなく、すぐに衣替えできないときにも大変便利です。

メチャカリを活用して、秋から春のスタイリングを楽しんでくださいね。                 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!