骨格ウェーブに似合う服TOP3!似合うコーデやNG服まとめ

骨格ウェーブに似合う服TOP3!コーデや事故るNG服まとめ

「流行りのオーバーサイズがしっくりこない」など、流行アイテムを着こなせないのは、自分の骨格に合っていないのが原因かもしれません。

その解決方法は、自分の骨格タイプを知ることです。骨格診断をすることで、3つの診断結果から自分に合ったタイプが判別できます。

今回この記事では、骨格タイプがウェーブの方に似合う服TOP3をアイテム別に紹介します。また、骨格ウェーブの特徴や、参考にしたい芸能人、事故るNG服についても解説していきます。

「骨格ウェーブってSNSで見たことはあるけど、そもそも何?」という人でも、この記事を最後まで読むことで、自分のファッションに取り入れるために必要な知識を得られます。

骨格ウェーブとは?

骨格ウェーブとは、骨格診断の3タイプ「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」のひとつです。

日本人に多いと言われている体型ですが、具体的にどのような特徴があるのか、骨格ウェーブとされている芸能人もあわせてご紹介します。

骨格ウェーブの特徴

まずは骨格ウェーブの特徴から紹介します。
骨格ウェーブの方は、上半身が華奢で薄く、下半身が曲線的でずしっとした下重心なのが特徴。

太っても上半身にはあまり出ないという方がほとんどで、筋肉が付きにくく、肌は柔らかい印象です。

以下のポイントを確認して、体の部位ごとにチェックしてみてください。

上半身

  • 首が長い
  • 鎖骨が目立つ
  • バスト位置が低め

手足

  • 手のひらが薄い
  • 二の腕が細い

下半身

  • 腰の位置が低い
  • ヒップラインが平面的
  • 太ももは細目で、膝が出ている
  • 膝上に脂肪が付きやすい

質感

  • 肌が柔らかくソフトな印象
  • 二の腕や太ももがぷにぷにしている
  • 筋肉が付きにくい

骨格ウェーブの方は、上半身が華奢なので、トップスは首元の大きく開いた服よりは、デザイン性のあるボリュームアップができる柔らかい雰囲気のものがおすすめです。

また、下半身が太りやすく、洋ナシ体型になりがちなので、ボトムスはパンツスタイルよりはふんわりスタイルのスカートなどがおすすめです。

骨格ウエーブの芸能人

骨格ウェーブの人が参考にできる「骨格ウェーブ」とされている芸能人を紹介します。

  • 戸田恵梨香さん
  • 新垣結衣さん
  • 北川景子さん
  • 水原希子さん
  • 黒木瞳さん
  • 中条あやみさん
  • 桐谷美玲さん

シンプルなパンツスタイルよりも、ふんわりとした女性らしいスタイルが似合う芸能人が多く揃っています。
清楚で上品なイメージの方が多いのが特徴です。

骨格ウェーブ似合うコーデTOP3

骨格ウェーブタイプの方におすすめのコーデは、「柔らかさ」「フェミニン」「エレガント」「ソフト」「可愛い」「上品」がポイントです。まずは、おすすめコーデ3選を紹介します。

 1. とろみシャツ×ペンシルスカート

とろみシャツとペンシルスカートの組み合わせは、ふんわり感とフェミニンさが魅力的な骨格ウェーブ向きのコーデです。

上半身が華奢なウェーブタイプは、胸元に立体感のあるシャツがおすすめ。リボンタイがついていると寂しくなりがちな胸元もカバーしてくれて、女性らしさもアップします。

また、ボトムスはトップスと対照的にタイトなペンシルスカートを合わせると、骨格ウェーブの方がコンプレックスに感じがちな、お腹周りや太もも周りを上手にカバーできます。

 2. リブニット×フレアスカート

骨格ウェーブとリブニットとフレアスカートの組み合わせ

リブニットとフレアスカートの組み合わせは、上半身はコンパクト、下半身はふんわりが好バランスのコーデです。

リブニットは体にフィットするスタイルなので、上半身が華奢で肌質のふんわりした骨格ウェーブの方にぴったりのニットです。
下重心にならないようにハイウエストなスカートを選べば、ウエストマークで腰位置が高くなり、脚長効果もあっておすすめです。

 3. ふんわりボリュームブラウス×スキニーパンツ

ふんわりボリュームのあるブラウスに、すっきりとしたスキニーパンツを合わせれば、華奢な上半身と下重心になりがちな体型をカバーできる甘すぎない大人なコーデに。

コンパクトに見えるスキニーパンツの上はボリュームを持たせてバランスを取ることが大事です。

シンプルなブラウスは上半身に立体感が足りずに全体的にすっきりし過ぎてしまうので、ふんわり軽い素材やバルーンシルエットのブラウスの方が骨格ウェーブの方に似合うスタイルになります。

骨格ウェーブ似合う服TOP3【パンツ編】

骨格ウェーブタイプの方は、曲線のあるボディラインが特徴なので、スカートコーデが多くなりがちで、下半身のコンプレックスからパンツスタイルが苦手な人が多い印象です。

ここでは、骨格ウェーブの方にも似合うパンツの種類を紹介します。

 1. クロップド丈のテーパード

オフィススタイルでもおすすめな、足首の出るクロップド丈パンツは、重心を上げて下重心な体形をカバーしてくれます。

テーパードパンツにすることで、太ももはゆったりしていて履きやすく、足先に向かって細くなっているので美脚効果も期待できます。

また、ウエスト周りにセンタープリーツやタックが入ったものを選べば、ウエストとヒップのバランスを整える効果があり、綺麗な着こなしができます。

 2. スキニーデニム

骨格ウェーブとスキニーデニム

骨格ウェーブの方は、デニムの中でも特にスキニーが得意です。デニムを選ぶ際には、スキニー、または、フレアタイプやガールフレンドデニムがおすすめです。

やわらかく、薄くて伸縮性のある生地を選ぶのがポイント。カジュアルコーデが苦手な骨格ウェーブの方でも取り入れやすく、さらにクロップド丈にすることで、足首が見えてすっきりするので、全身のバランスを整えることができます。

 3. ショートパンツ

ショートパンツやミニスカートなどの丈の短いボトムスは、骨格ウェーブの方が得意のアイテムです。骨格ウェーブの特徴であるボリュームのある下半身を軽やかに見せてくれます。

ハイウエストタイプなら脚長効果に加えて、甘さも抑えられてスタイルアップに役立ちます。

寒い時期はロング丈のトップスとショートブーツ、暑い時期はヒールのついたサンダルと合わせるスタイルがおすすめです。

骨格ウェーブ似合う服TOP3【スカート編】

フェミニンで可愛らしいスタイルが似合う骨格ウェーブタイプの方は、スカートがよく似合います。

ここでは、骨格ウェーブの方が特に似合うスカートの種類3選を紹介します。

 1. プリーツスカート

骨格ウェーブとプリーツスカート

骨格ウェーブの方は、ふんわり見えるプリーツスカートが似合います。プリーツが細かいものや、ランダムプリーツなどの軽い素材のスカートで繊細なコーデに仕上げるのがおすすめです。

上下のバランスを意識することで下半身のサイズもカバーできます。ウエストゴムのものも多いので、楽に着こなせますが、上品できれいめなスタイルに仕上がります。

シンプルで上品なワントーンコーデはもちろん、パーカーなどを合わせたカジュアルな着こなしも出来るので、甘めコーデが苦手な骨格ウェーブの方にも試してもらいたいスカートです。

 2. 膝下タイト

タイトスカートは、女性らしいシルエットとコーデが作りやすいアイテムです。

上品で清楚な印象になるので、オンオフどちらでも活躍します。骨格ウェーブの方は、ちょうど膝上丈くらいだと、足が短く見えやすくなってしまうので注意が必要です。

太ももが細く、膝の下に肉が付きやすいタイプなので、膝が隠れるくらいの膝下丈か、細い太ももをみせるミニスカートを選ぶことがポイントです。

 3. フレアスカート

波打つようなふんわりシルエットのフレアスカートは、女性らしい雰囲気の骨格ウェーブの方によく似合います。

優雅さや可愛いらしさが出しやすいアイテムですが、カジュアルさを出したいならスニーカーと合わせてもOKです。

ボリューム袖のトップスと合わせると骨格ウェーブらしい着こなしができます。レザーやレース、柄物など、いろんなタイプの商品があるので、どんなシチュエーションのコーデにも合わせやすいスカートです。

骨格ウエーブに似合う素材・柄・サイズ

この項目では、骨格ウェーブタイプのやわらかく可愛らしい特徴を活かせるアイテムを、素材、柄、サイズに分けて具体的に紹介します。

 1. 【素材】ふわふわ素材・とろみ素材

骨格ウェーブの方は、柔らかい肌質に合わせて、軽い素材が得意です。薄手のシアー・フリル・レース・シフォンは可愛らしさを際立てます。

ニットならモヘアやアンゴラなどのふわっとした素材がおすすめです。リブニットのような身体のラインがわかる素材も、上半身の曲線を活かせます。

他にも、光沢感のあるベロアやエナメルなどのとろみ素材も華やかさが出て取り入れやすい骨格ウェーブの方におすすめの素材です。
ふわふわ素材やとろみ素材は、スニーカーやジーンズなどカジュアルなアイテムとも組み合わせて着こなすことができます。

 2. 【柄】小さいドット柄・小花柄・アニマル柄

柄物は、柄のサイズがポイントです。小さめの柄で、あまりコントラストが強すぎないものを選ぶように意識すると良いでしょう。

ボーダーは線の間隔の狭いもの、ドットや花柄はより細かいデザインのものを選ぶのがおすすめです。

ゼブラなどのアニマル柄もきつすぎず可愛らしく着こなせるので、シンプルなコーデの中に取り入れるのもgoodですね。

 3. 【サイズ感】タイトめ

骨格ウェーブの方は、体の曲線がきれいな体型なので、上下ともタイトなサイズ感を取り入れるとより体型を活かしたコーデができます。

下半身が太りやすく、下重心になりがちなので、ウエスト位置は高いものがおすすめです。また、首・手首・足首をみせるスタイルにすると、スタイルアップが期待できます。

タイトな服が苦手な方は、軽さのあるふんわり素材やシアー素材なら、大きめサイズでもそれほど失敗しにくいのでおすすめです。

これはNG!骨格ウェーブに似合わない事故服

似合うコーデやアイテムとは反対に、骨格ウェーブの方は避けるべき「NGアイテム」もあります。

具体例を紹介しますので、コーディネート考えるときにの参考にしてください。

 1. オーバーサイズやゆるっとアイテム

骨格ウェーブとオーバーサイズ

オーバーサイズやゆるっとアイテムは、流行でもありますが、骨格ウェーブには「服に着られている感」が強くなってしまうアイテムです。

重心が下がってしまうので、下半身が強調されてスタイルが台無しになってしまいます。

悪い例

  • 厚手のユニセックスパーカー
  • ロングシャツ
  • シンプルなIラインワンピ

パーカーやシャツは、ウエスト丈で柔らかい質感のもの選んだ方が、骨格ウェーブの方に似合うスタイルが作りやすくなります。

 2. 大柄アイテム

同じドットや花柄でも、大きな柄のものはNGです。大柄のアイテムの力強いイメージが、華奢で柔らかいイメージの骨格ウェーブの方には合いません。こちらも、服に着られてしまいます。

悪い例

  • 大きな花柄
  • ドット柄
  • ボーダー柄

柄ものを着るなら、柄が小さめのデザインで、はっきりした色味よりも淡く柔らかい色のモノを選んだ方が、柔らかく可愛らしい印象になります。

 3. デコルテが大きくあいたトップス

骨格ウェーブの方は、鎖骨が目立つので、デコルテが空いていると貧相な印象になってしまうため、デコルテが大きく開いたトップスは避けた方が無難です。首が長い分、バランスが取りにくくなってしまいます。

悪い例

  • 深いVネック
  • 広いラウンドネックのトップス

首元が開きすぎていないトップスを選ぶと、細い首を活かしたスタイルが作れます。

まとめ:骨格ウェーブに似合う服で垢抜けよう

骨格ウェーブの方は、肌がやわらかく、曲線的なイメージがあるため、柔らかくふんわりした印象のアイテムがよく似合います。

上半身が華奢なので、ボリュームを持たせて目線を上げる様なコーデがおすすめです。

自分の体形のタイプが骨格ウェーブに当てはまる方は、月額定額で洋服が借り放題の「メチャカリ」で自分に似合う服を探してみてください。

メチャカリは、借りたい服を自分で選べるサービスで、返却時のクリーニングも不要です。コストも手間もかからずに色んな服を試すことができて、気に入ったら購入も可能です。

自分に似合う服を探しやすいメチャカリを利用すれば、今よりもっと素敵になれますよ♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!