骨格ストレートに似合う服TOP3!似合う服、避けたいNG服は?

骨格ストレートに似合う服TOP3!骨格ストレートの芸能人や避けたいNG服まとめ

「何を着てもぽっちゃり見えてしまう・・・」そんなあなたは骨格ストレートかもしれません。

自分の骨格に合った服を着れば、もっとおしゃれが楽しくなります。そのために、まずは骨格診断で自分の骨格タイプを知ること。

骨格診断では、3つの診断結果から自分のタイプが判別できます。

今回は「骨格ストレート」にスポットを当て、似合う服TOP3をアイテム別にご紹介しつつ、同じ骨格タイプの芸能人や、避けるべきNG服などについても解説します。

この記事を最後まで読むことで、メリハリボディが魅力的な欧米型体型といわれている骨格ストレートでも、スタイルよく見せるポイントが見つかります。

骨格ストレートとは?

骨格ストレート

骨格ストレートとは、骨格診断結果の「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」のひとつです。

立体的でグラマラスな印象を与える体型ですが、どのような特徴があるのか、参考コーデもあわせて具体的に見ていきましょう。

骨格診断骨格ストレートの特徴

骨格ストレートの方は、まるで欧米人のような、メリハリのあるボディラインが特徴的です。
顔は卵型・丸型の人が多く、3タイプの中でも、ボリューム感があるタイプといえます。
骨格ストレートの体には以下のような特徴があるのでチェックしてみてください。

上半身

  • 首が短い
  • 鎖骨が見えにくい
  • バスト位置が高く、厚みがある

手足

  • 身長に対して手足が小さい
  • 掌の厚みがある
  • 二の腕の外側が張っている
  • 手首が厚く、細い

下半身

  • 腰の位置が高い
  • 太ももが太く、膝下が細い
  • 膝の皿が小さい
  • ヒップ位置が高く、ボリュームもある

質感

  • 筋肉がつきやすい
  • 肌に弾力とハリがある

骨格ストレートタイプの方は、上半身にボリュームがあり、膝下がすっきりしているので、デザイン性のあるものより、なるべくシンプルできれいめなアイテムがおすすめです。
特に、Iラインのシルエットを意識したコーディネートに仕上げると、全体的にすっきりまとまります。

骨格ストレートの芸能人

骨格ストレートとされている芸能人のコーデを参考にすると、イメージが湧きやすいですよね。

骨格ストレートタイプの芸能人

  • 石原さとみさん
  • 長澤まさみさん
  • 広瀬すずさん
  • 広瀬アリスさん
  • 武井咲さん
  • 橋本環奈さん
  • 米倉涼子さん
  • 蛯原友里さん

シンプルでフェミニンなスタイルが似合う、女性らしい雰囲気の芸能人が多く揃っています。
また、気品のあるグラマラスな印象の方が多いのが特徴です。

骨格ストレート似合うコーデTOP3

骨格ストレートタイプに似合うおすすめコーデは、「華やか」「シンプル」「ベーシック」「シック」「正統派」「上質」「すっきり」がキーワードです。それでは、おすすめコーデ3選をご紹介します。

1. 端正シャツ×チェック柄タイトスカート

清潔感のあるかっちりとした印象のきれいめなシャツとチェック柄タイトスカートの組み合わせは、曲線美を残しながらも、すっきりと仕上がるコーデです。

テロっとしたハリのない素材よりも、しっかりとした質感のシャツを選ぶことで、上半身のボリュームを目立ちにくくします。

また、オーバーサイズよりも、ジャストサイズのシャツを選ぶこともポイント。
規則性のあるチェック柄は、骨格ストレートタイプに似合うデザインです。全体的にフェミニンな印象で、骨格ストレートの魅力を引き出してくれる王道コーデといえます。

2. ジャケット×キャミソール×ロング丈タイトスカート

きれいめな印象のジャケットは、骨格ストレートタイプの得意アイテム。

真面目すぎる印象を与えることもあるため、インナーをあえてキャミソールにし、抜け感を意識することも大事です。

また、直線的なロング丈のタイトスカートもよく似合うアイテム。ちょうどいいサイズ感の硬めの生地を選べば、下半身の肉感を拾わず、きれいなシルエットに仕上がるのでおすすめです。

3. Vネックニット×レギュラーストレートデニム

Vネックニットとレギュラーストレートデニムの組み合わせは、女性らしさが残るカジュアルコーデに。胸の厚みが気になる骨格ストレートタイプには、胸元がすっきりと見えるVネックやUネックのトップスがマストです。

また、ハイゲージできれいめな素材のニットを選ぶことで、ずんぐりむっくりに見えてしまうことも防げます。

デニムも、ストレートを選ぶことで太ももの肉感を強調することなく、きれいなIラインシルエットが出来上がります。ダメージデニムなどデザイン性のあるデニムではなく、シンプルで正統派のデニムを選ぶこともポイント。

骨格ストレート似合う服TOP3【ワンピース編】

骨格ストレートは、女性らいいメリハリボディが特徴的な一方で、ワンピースのチョイスを間違うと着太りして見えてしまうことも。

ここでは、骨格ストレートタイプの方に似合うワンピースの種類3選をご紹介します。

1. Iラインワンピース

骨格ストレートとIラインワンピース

ストンとしたIラインワンピースは、骨格ストレートのメリハリボディを生かす優秀アイテム。

膝下が細めな骨格ストレートタイプなので、丈感にもこだわってみてくだい。

Iラインシルエットなら、オフィスカジュアルからフォーマルまで対応できるので、一枚で清潔感のあるきれいめな着こなしが完成します。

2. シンプルなニットワンピース

骨格ストレートタイプとニットワンピース

骨格ストレートタイプの方にとって、シンプルなニットワンピースはサイズ感が重要です。

ジャストサイズや細身のIラインアイテムを選ぶといいでしょう。上半身にもボリューム感があるので、Vネックを選ぶとすっきり見せてくれます。

エレガントな印象に仕上げるレザー小物をプラスするコーデもおすすめです。

3. シャツワンピース

骨格ストレートとシャツワンピース

シャツワンピースは、骨格ストレートの方によく似合うアイテムです。

体のラインが出やすいしなやかな素材よりも、ハリのある素材を選ぶことで、ラインをカバーしながら、上品なスタイリングが完成します。

また、体に合った、ジャストサイズを選ぶことも重要ポイント。パンツをプラスすれば足元の露出も減り、デイリー使いもできます。
スラックスを合わせれば、女性らしいきれいめコーデに変身。

骨格ストレート似合う服TOP3【スカート編】

骨格ストレートとスカート

腰回りから太ももをカバーしたい骨格ストレートタイプの方が、スカート選びで意識してほしいポイントは、スカートのラインと丈です。

ここでは、骨格ストレートタイプの方に似合うスカートの種類3選をご紹介します。

1. タイトスカート

骨格ストレートとタイトスカート

直線的なタイトスカートは、Iラインも作りやすく、骨格ストレートタイプの方にぴったりなアイテム。

気になる腰回りのボリュームを抑えつつ、メリハリのあるボディラインをより魅力的に見せてくれます。

しかし、タイトすぎるサイズ感を選ぶと、ボディラインが目立ちすぎてしまうので、ちょうどいいサイズ感を選ぶようにしましょう。ミディアム丈だけでなく、ロング丈もおすすめです。

2. マキシスカート

骨格ストレートとマキシスカート

縦長シルエットを作りやすいマキシスカートも、骨格ストレートタイプの方に似合うアイテムです。ボリューミーになりすぎず、すっきりとしたシルエットがポイント。

固めの生地やデニム生地を選べば、下半身の肉感も拾いにくく、華奢見せ効果も期待できます。

また、オーバーサイズだとラインがぼやけて見え、逆に小さいサイズだと肉感がでてしまうので気をつけてください。やはり、ジャストサイズがおすすめです。

3. ラップスカート

骨格ストレートとラップスカート

骨格ストレートの方は、ラップスカートも得意アイテム。

ベルトがあるスカートの場合は、真ん中ではなく、左右どちらかの横に垂らすようにすると、バランス良く仕上がります。

女性らしく、フェミニンな印象のアイテムなので、オンオフどちらでも使える優秀ボトムです。

細めの膝下という特徴を活かし、膝丈~マキシ丈をチョイスすれば、スタイルアップ効果も。

骨格ストレートに似合う素材・柄・サイズ

骨格ストレート

ここからは、弾力とハリがありメリハリボディが魅力的な骨格ストレートタイプに合う、素材・柄・サイズに分けてご紹介します。

1. 【素材】ハリ感・上質・100%

骨格ストレートと素材

骨格ストレートタイプの方は、弾力がある肌なので、しっかりとしたハリのある上質な素材がよく馴染みます。テロンとした柔らかい生地よりも、厚みがある方がきちんとした印象の着こなしに。

ハリ感や高級感のあるコットンや、柔らかな感触とソフトな光沢のあるサテンはきれいめコーデに仕上げてくれます。

また、ニットならハイゲージのウール100%、アンゴラ、カシミヤなど、上質な素材を意識してみてください。

他にも、シルクやレザーなどもおすすめです。デニムならダメージ加工のない、ノンウォッシュタイプがきれいめに仕上がります。

2. 【柄】ストライプ柄・大きめの柄

骨格ストレートと柄

メリハリボディが魅力の、骨格ストレートタイプの方に似合う柄は、やはりメリハリの効いた大きめな柄です。大きいデザインのドット柄やフォーマルな印象の大きめチェック柄もよく似合います。

花柄も、どんと大きな花が描かれていたり、色のコントラスが強いデザインがおすすめ。また、縦長のシルエットを作りやすいストライプ柄も、重心が下がりバランスのいい着こなしに。規則正しく並んだパターンも似合います。

3. 【サイズ感】ジャストサイズで!

上半身や下半身にボリューム感のある、骨格ストレートタイプの方は、サイズ感がとても重要です。

ダボッとした大きいサイズはだらしなく見え、逆にぴったりとした小さいサイズは、肉感を強調し、着太りして見える傾向があります。

骨格ストレートの良さを最大限に引き出してくれるのは、上下ともにIラインを作りやすいタイトめなデザインの、ジャストサイズアイテムです。

これは事故!骨格ストレートに似合わない服

立体的でグラマラスな体型の骨格ストレートタイプだからこそ似合わない、避けるべき「NG服」があります。

ここからは、気をつけてほしい具体例ご紹介します。ぜひ、コーディネートの参考にしてください。

1. レースやフリル・シフォン素材

骨格ストレートとレースやフリル・シフォン素材

レースやフリル、シフォン素材はフェミニンな印象なので、骨格ストレートタイプに似合いそうですが、生地のハリ感が少ない分チープに見られる可能性もあります。

また、立体的な体型を強調してしまうので、避けたほうがいいアイテムです。他には、装飾があるデザイン性が強いものも避けるほうがいいでしょう。

2. パフスリーブ・ドルマンスリーブ

骨格ストレートとパフスリーブ・ドルマンスリーブ

バストが大きめで、厚みのある肩が特徴の骨格ストレートタイプの方がパフスリーブやドルマンスリーブを着ると、上半身のボリュームに引っ張られ、着膨れして見える原因になります。

また、ふわっとした袖感やシエルエットなので、表面積も広く見え、ごまかしが効きません。

そのために、太って見えてしまうNG服です。サマーコーデで人気のドロップショルダーも、肩周りがたくましく見えるため避けたほうが無難でしょう。

3. プリーツスカート・Aラインスカート

骨格ストレートとプリーツスカート・Aラインスカート

腰回りからヒップにボリュームがある骨格ストレートタイプの方が、プリーツスカートやAラインスカートを着ると、さらにボリューミーに見えてしまいます。NG服アイテムですが、布量が少ないAラインスカートやプリーツが広がりにくいものならOKです。また、どうしてもプリーツスカートを着たい場合は、プリーツの始まり位置がウエストゴムより少し下にあるアイテムを選ぶとバランスよくなります。

まとめ:骨格ストレートに似合うコーデでスタイルアップ!

骨格ストレートの方は、メリハリボディが特徴的なので、Iラインで縦長シルエットを意識したスタイルがよく似合います。
デザイン性やボリューム感を抑えた、ジャストサイズのアイテムを選ぶことで、肉感を拾わず着太りを防げるのでおすすめです。

月額定額制で好きな洋服が借りられるメチャカリなら、購入せずに骨格ストレートに似合うアイテムを試せます。購入後に「失敗した・・・!」といったことがないのが、定額レンタルサービスの嬉しいポイント。また、返却時のクリーニングも不要で、コンビニから発送伝票不要で返却できるので、煩わしさがなく忙しい女性にもおすすめ。

自分の骨格にピッタリだった洋服は、定価よりも安く購入することができます。

あなたにぴったりの、「骨格ストレートファッション」を見つけてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!