【気温15度】どんな服装が過ごしやすい?最低・最高気温別に紹介

少しひんやりと感じる気温15度。日本では、春先や秋に15度になることが多いですよね。しかし、15度が最高気温なのか最低気温なのかによって、その日に選ぶべき服装は異なります。最高・最低気温ごとにおすすめのコーデを季節別に一挙紹介します!

【春】最高気温15度のレディースコーデ 
「アウター」を用意しよう! 

春に最高気温が15度になる場合は、日中の時間帯に15度まで気温が上がることが多くなります。太陽が出ていれば日なたでは暖かさを感じられますが、基本的には肌寒い気温のため、1枚アウターを羽織る必要があるでしょう。 

「微妙な気温でコーデを組むのが難しい…」という人に向けて、まずは最高気温15度のアウターを使った春のレディースコーデを紹介します! 

デニムジャケット×春色ボトムス 

1枚持っていると何かと便利なのが「デニムジャケット」。最高気温15度の春コーデを組む場合は、春色カラーのボトムスを合わせるのがおすすめです。 

特におすすめのカラーは、春の桜をイメージさせる「パステルピンク」。インナーや小物に白系のアイテムを入れると、より春らしく、レディライクな春の15度コーデが完成します。 

デニムジャケット×パーカー 

カジュアルスタイルが好みの人や、子どもと一緒に公園に遊びに行く日などは「デニムジャケット」に「パーカー」を合わせた楽ちんスタイルを試してみてはいかがでしょうか? 

デニムジャケットを使ったコーデは上でも紹介しましたが、合わせるアイテムを変えるだけで雰囲気がガラッと変わるのがおもしろいポイント! 

緩めのボトムスにスニーカーを合わせて、とことんカジュアルに決めるのが◎。女性らしさをプラスしたいなら、ピアスやネックレスでコーデにアクセントを付けてみて。

トレンチコート×花柄ワンピース 

最高気温15度の春先にワンピース1枚で外出するのは、肌寒さが気になりますよね。 

せっかくかわいいワンピースを着ているなら、ワンピースの魅力を引き立ててくれるシンプルなトレンチコートを羽織ってみて! 

特に花柄ワンピースとトレンチコートの組み合わせは、相性抜群です。 

日中の暖かい時間帯であれば、コートの袖をまくってこなれ感を出すのもおすすめ!まくった袖から見えるキュートな花柄が、コーデのアクセントになってくれますよ。

ニットカーディガン×チュールスカート

ふんわりとした見た目が何ともかわいらしい「チュールスカート」。女性らしいチュールスカートを使って最高気温15度の春コーデを組むなら、アウターにはニットカーディガンを合わせましょう。 

くすみカラーやパステルカラーのニットカーディガンであれば、カジュアルさを抑えた上品なレディースコーデに仕上がります。さらに、ボリューム袖のカーディガンをチョイスすれば、トレンド感も取り入れられます! 

きれいめジップパーカー×プリーツスカート

ロング丈のプリーツスカートには「きれいめのジップパーカー」を合わせるのが◎。 

 「きちんと感のあるプリーツスカートに、ラフなジップパーカーって合うの?」と思う人もいるかもしれませんが、全体を同系色でまとめれば異なるジャンルの2アイテムがしっくりまとまります。 

ただし、カジュアルすぎるジップパーカーは違和感が出てしまうこともあるので気を付けて!シンプルできれいめなジップパーカーを選ぶのが、最高気温15度の春コーデをおしゃれに決めるポイントです。 

【春】最低気温15度におすすめのレディースコーデ
「春色を意識」して♪ 

春の最低気温15度の日は、日中には20度近くまで気温が上がります。日中の外出はアウターなしでも問題ないかもしれませんが、朝晩は羽織れるコートがあった方がいいでしょう。 

そんな最低気温15度の春におしゃれなレディースコーデを組む場合は、コーデのどこかに「春色」を意識することが重要です! 

春色ボトムス×パンプス

桜の花びらや若葉などを連想させる、柔らかなカラーの「春色ボトムス」には、女性らしさを演出できるパンプスを合わせてみましょう。

「日中にママ友とランチに行く」なんてときは、あえてアウターは羽織らず、トップスにはシャツやニットをさらりと着ればOK!

シンプルながらもボトムスの春色がコーデの決め手になる、最低気温15度のおしゃれなレディースコーデです。

パーカー×レーススカート 

フェミニンな「レーススカート」には、あえてカジュアルな「パーカー」を合わせてみるのがおすすめ! 

 女性らしさときっちり感の強いレーススカートをコーデに取り入れる場合、きれいめなトップスを持ってくるとフォーマル感が出てしまいます。 

 「家族でお出かけ」「のんびりショッピング」なんてときは、レーススカートにパーカーを合わせれば、程よくカジュアルな雰囲気にまとまりますよ。 

 スカートのカラーは春らしいパステルカラーか白がおすすめです! 

デニム×派手カラーパンプス 

どんなコーデにも合う優秀なアイテムだけど、ついついコーデがマンネリになりがちな「デニム」。

暖かい春の日にデニムを使ったおしゃれなレディースコーデを楽しみたければ、普段はあまりチョイスしない派手カラーパンプスを合わせてみては?

元気が出るビビッドカラーのパンプスがコーデのアクセントになってくれるため、デニムコーデを脱・マンネリできますよ。

パンプスを主役にするために、トップスはあえてシンプルなものを選ぶこともポイントです!

カラーパーカー×ホワイトボトムス

パーカー1枚で外出できるのは、最低気温15度の春ならでは!

一見スポーティー感の強い「パーカー」も、春色カラーをチョイスすればしっかりと女性らしさを演出できます。

そんなカラーパーカーには、ぜひホワイトボトムスを合わせてみて。カジュアルながらもフェミニンな雰囲気が漂う、春のレディースコーデが完成します。

上下ともにオーバーサイズのアイテムを選べば、よりトレンド感のあるコーデに仕上がります。

シャツワンピース×デニム

春色のシャツワンピースは1枚でさらりと着てもいいけれど、いつもとちょっと違った着こなしを楽しみたければ、ボトムスにデニムを合わせるのが◎。 

あえて露出度を下げてみることで、大人の余裕を感じるおしゃれなコーデに仕上がります。 

「シャツワンピース×デニム」の組み合わせは、特に高身長さんにおすすめ。身長を活かした縦長コーデで、周りと差をつけた着こなしを楽しみましょう! 

秋【最高気温15度】におすすめのレディースコーデ
「アウター」「防寒アイテム」の準備を

最高気温15度の秋口は、しっかりとした防寒アイテムが必要になってくる季節です。 

とはいえ、防寒ばかりに目を向けると全体がもっさりとしてしまうので、選ぶアイテムは注意したいところ。 

次は最高気温15度の秋におすすめの、アウターを使ったおしゃれなレディースコーデを紹介します! 

ロング丈モッズコート×ボーダーカットソー

「モッズコートとボーダーカットソーって、カジュアルすぎない?」なんて思う人もいるかもしれませんが、ロング丈のモッズコートを選べば、定番なカジュアルコーデにおしゃれさをプラスできます。 

ロング丈のモッズコートを着ることで縦長効果が生きるので、インナーにボーダーカットソーを持ってきても全体をスタイリッシュにまとめられます。大人の女性のワンマイルコーデにもぴったり! 

ファーコート×スキニージーンズ 

防寒対策はバッチリだけど、つい着膨れしがちな「ファーコート」。最高気温15度の秋にファーコートを着る場合は、ボトムスにはスキニージーンズを合わせましょう。

トップのファーボリュームを足元のスキニーで抑え、細く見せることで、全体のバランスを取ることができます。

スキニージーンズが苦手な人は、秋口にぴったりの裏起毛レギンスなどを合わせて細見せするのもおすすめです。

デニムジャケット×秋色ワイドパンツ

着回し力抜群のデニムジャケットは、防寒アイテムとして1着は持っておきたいアイテム。

肌寒い秋の日にデニムジャケットを羽織る場合は、ボトムスは秋色のワイドパンツと合わせるのがおすすめ。

こっくりとしたイエローやグリーンなど、秋を感じさせる深みのあるカラーのボトムスを一点投入すれば、一気に飽きらしいレディースコーデの完成です。全体的にゆるっとしたサイズ感で着こなすのが今流です!

ショート丈アウター×キャミソールワンピース

最高気温15度の秋に「キャミソールワンピース」を着る場合は、「ショート丈のアウター」を着て防寒しましょう。 

すとんとしたシルエットになりがちなキャミソールワンピースですが、ショート丈アウターを合わせることで全体にメリハリが付きます。 

大人の雰囲気漂うコーデにしたければ、アースカラーやモノトーンカラーなど、全体の色をシックにまとめるのがポイントです。 

チェスターコート×ショートブーツ 

マニッシュな「チェスターコート」は、大人のレディースコーデを組むのに最適なアイテム。そんなチェスターコートには、シンプルなショートブーツを合わせてみて!

落ち着いたカラーのショートブーツは着回し力抜群なだけでなく、チェスターコートと合わせることでコーデの女度を一気に高めてくれます。

秋【最低気温15度】におすすめのレディースコーデ
「レイヤード」を楽しむ

秋に最低気温が15度になるのは、基本的に爽やかな秋晴れの日です。日中は暖かさを感じるほどですが、朝晩は冷え込むので外出時の服装には注意が必要! 

最低気温15度の秋の日に寒暖差に対応しやすいコーデを組むなら、レイヤードを意識したスタイルを楽しんでみましょう! 

シャツワンピース×カーディガン

日中に気持ち良い日差しが降り注ぐ秋のお出かけには、「シャツワンピース」に「カーディガン」を組み合わせたレディースコーデがおすすめ。 

日中はカーディガンを肩がけに、朝晩の冷え込みが強いときはカーディガンを羽織ってなど、気温に合わせて上手に防寒対策してみて! 

カーディガンはこっくりとした色合いの赤やイエローなどを選ぶのが◎。全体がシンプルでも、カーディガンの色味でコーデに秋のエッセンスを加えられます。 

ニットパーカー

カジュアル感が強い「パーカー」も、ニット素材のものを選べばきれいめアイテムに早変わり! 

最低気温15度の秋の日にニットパーカーを着る場合は、インナーは薄手のカットソーがおすすめ!ファスナーの開閉を調整することで、気温の変化にうまく対応してみましょう。 

パーカーもインナーも、オーバーサイズのものを選ぶのがトレンド。パーカーの裾からインナーが少し見えるくらいのサイズ感だと、バランスのいいレイヤードコーデに仕上がります。 

ハイネックニット

ハイネックアイテムをチョイスできるのは、秋冬ならではの楽しみ! 

きれいな秋カラーの「ハイネックニット」を選べば、デザインがシンプルでもコーデにパンチを効かせられます。モードな雰囲気がお好みであれば、黒やグレーなどのダークカラーのニットを選ぶのも◎。 

ヘアは、1つにまとめてスッキリ見せるのがポイントです!アクセサリーやバッグにもこだわると、自分らしいファッションを楽しめますよ。 

ニット×裾レイヤード 

ニットを着るなら、インナーには少し大きめサイズのシンプルなカットソーを合わせてみて。ニット1枚で着るよりも、さりげない重ね着がおしゃれ度を高めてくれます。 

おしゃれ上級者であれば、思い切ってカラーインナーをチョイスするのもアリ!ニットとインナーの色のバランスを探りながら、ニットコーデを自分らしくアレンジしてみては? 

透かし網ニット×ハイネックインナー

「ニットを着るにはちょっと暑いかも…」なんてときは、透かし編みニットがおすすめ。普通のニットより涼しく着られて、女性らしい抜け感もプラスできます。 

中に薄手のハイネックインナーを合わせれば、朝晩の防寒対策もバッチリ!合わせるアイテム次第で、カジュアルにもモードにも着こなせます。 

さまざまな着こなしを楽しめる優秀な透かし編みニットを、秋のワードロープに1着加えてみては? 

ワンピース×ニット 

ワンピースは1枚でコーデが完成する便利なアイテムですが、その分コーデがマンネリ化しがち。 

そんなワンピースを使って秋のレイヤードコーデを楽しみたいなら、ワンピースの上にニットを着てみましょう!ニットとのレイヤードスタイルを組むことで、ワンピースの印象がガラリと変わります。 

ニットは少し大きめのサイズを選ぶのがコツ。ワンピースと重ねてもタイトになりすぎず、大人っぽく着こなせます。 

ジャンスカ×小物 

インナーの組み合わせ次第でコーデの幅が無限大に広がる「ジャンパースカート」は、大人のレディースコーデにもぴったりなアイテムです。 

秋口に着るジャンスカは、ダークカラーやモードカラーのものを選ぶのがおすすめ!柄物であれば、チェック柄を選ぶと一気に秋らしい装いに! 

靴下や小物を取り入れれば、防寒力&おしゃれ力を同時に高められます。小物にもとことんこだわって、周りと差をつけてみましょう! 

気温15度のコーデを知って快適に過ごそう 

気温15度の春・秋のおすすめコーデを一挙紹介しました。気温15度の肌感覚を知ることで、どちらの季節も自分らしいファッションを楽しむことができそうですね。 

とはいえ、気温15度は寒すぎず暑すぎず、過ごしやすいけど洋服選びに迷いがちな微妙な気温。 

「手持ちの服ではちょっと足りない…」なんてときは、新品の洋服が借り放題のファッションサブスク、「メチャカリ」を試してみるのもおすすめ!レンタルだから洋服を気軽に試せるので、自分の思い描くファッションを、気軽に楽しめるようになるかもしれませんよ。 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!